>

終の住処に相応しい住宅である事

損をしない戸建て選びについて

転勤になった場合を考えて戸建てを購入するようにした方が良いです。
特に、沿線近くや有名な観光場所が近くにあったり、大学が複数あるような所と言うのは、将来的に見ても土地の価格は上昇傾向にあるそうです。
なので、主要都市の中で戸建てを持ちたいと考えているのであれば前の記事でも紹介したように、駅から近い場所を選ぶようにしましょう。

それから、大きな自然災害が起きた事を考えるとなるべく高い場所や地盤がしっかりとしている所も重要な判断ポイントになると思います。
上記のような事も立派な資産価値を維持する為に考えるべき必要な事なのです。
ローンを払うだけ無駄と思わずに売却しても家の価値や土地の価値も下がらずにむしろ上がって売却されるようにきちんと考える事です。

資産価値を維持したまま売却する為には?

戸建てと言うのは、外見が良ければ長く住めると言う物でもないのです。
その為、築年数がかなり経過しているのであればきちんと全てリフォームしたり強化する事で売却してもちゃんと売れる戸建てにする事が大切です。
資産価値を維持する為には、家の綻びはすぐに修繕する事や、少しづつリフォームをしながら綺麗で現代に合うような家に変化させていく事が良いのです。

それから、今は地球環境の保護でも家の選び方と言うのは様々あると思います。
なので、自家発電や電気で全て家具や家電が動くようなエコ対応をするのも一つの方法ではないでしょうか?
必ずどんな新築の戸建ても長年住めば古くなってくるので、そのままの状態で住み続けるのではなく暮らしやすい家にするのも資産価値を維持する為には一番良い事ではないかと思います。


この記事をシェアする