戸建てを選ぶ際の重視するべき点について

>

子供の学校が家から近いかどうか

悪影響を与える娯楽施設について

大人の遊びの中で最もよく遊ぶ娯楽の中に、パチンコやパチスロや競馬などがあると思います。
そうした娯楽施設は20歳以上にならないと入る事が出来ない条例が多くの県や都市で制定されていると思います。
ですが、大人になってこのような施設に自由に出入りするのは本人の意志で決めるものなので良いのですが、20歳未満の子供達にとっては悪い印象や影響を与えるような気がします。

その理由としては、パチンコ店やパチスロ店は騒音が激しい事もあり夜遅くまで営業している事もあり、ネオンや騒音トラブルにならないかどうかです。
それに騒音で子供達の脳に悪影響を与える可能性もあると思います。
ですが、近年になってパチンコ業界の規制も厳しくなったので、上記のように住宅街の周辺に建設される事はないと思うのですが、このような事も考慮して見て見る事で戸建ての資産価値と言うのは大体決まってきます。

風俗系の施設の有無について

風俗店が住宅街を少し奥に行ったり、商店街の奥の方に存在している所も中にはあるそうです。
しかし、そのような施設と言うのは、街全体の資産価値を下げるだけではなく子供達にとって悪影響しか与えない施設です。
風営法により街中での営業と言うのは禁止されている為、警察による取り締まりも強化されているので住宅街の中に風俗系の施設は存在していません。

街並みを著しく乱すだけではなく、外観的にもあまり良い印象を与えません。
特に、子供は何にでも興味を示す事が多いです。
成長をして行く中でそのような施設が目に付く所にあるだけで、将来的に何かの犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。
その為には、戸建ての周辺がどのようになっているのかについても実際に歩いて確かめる事が大事です。


この記事をシェアする